パリ観光ガイドNanaはパリへの旅行・観光の情報満載のあなただけの旅づくりのお手伝いをするサイトです

パリ観光ガイドNana

  • ツイートする
  • シェアする

ラ・フォンテーヌ通り(Rue la Fontaine)

アール・ヌーヴォー建築が見られる通り

パリ16区、パッシー地区(Passy)の南にある通りのラ・フォンテーヌ通り(Rue Jean de la Fontaine)の周辺は、アール・ヌーヴォーの建築家エクトール・ギマール(Hector Guimard)がデザインした、アール・ヌーヴォー建築が随所で見られる通りです。

アール・ヌーヴォーとは19世紀末に流行した芸術運動で、花や植物をモチーフとした曲線の組み合わせが特徴的な芸術。

アール・ヌーヴォーの流行とギマールの作品の名残が、パリの至る所にあるメトロの入り口や、老舗カフェなどで今でも見ることが出来ます。

Rue La Fontaine

ギマールの初期に手掛けたものも

ギマールが初期に手がけた仕事がラ・フォンテーヌ通り14番地のカステル・ベランジェ館(Castel Beranger)で、入り口の優美な門扉がこの通りで一際目を引いています。

窓周り、門扉の奥にも凝ったデザインが施されているので必見です。

ギマールは、この仕事でパリ市から賞を授かり、メトロの入り口のデザインを手がけることになりました。

モーツァルト通り122番地の自宅

ギマール自宅
出典:http://walkinginthecountry.blogspot.jp/

その他、ギマール作品で彼の実力が発揮されたのが、モーツァルト通り122番地(Avenue Mozart)の彼自身の自宅だった建物。
建物が丸ごと一つ、彫刻作品のようです。

他にもこの通りを歩いていると、ところどころでアール・ヌーヴォー建築が見られるので、散策しながら探してみましょう。

Rue Jean de la Fontaine

 Rue Jean de la Fontaine – 75016 Paris
 9番線:Jasmin
  10番線:Église d’Auteuil
  9・10番線:Michel-Ange-Auteuil

[2017/01編集]

「見る・楽しむ」関連記事

ル・シャンポ(Le champo)
テアトル・ド・パリ
フランス・パリ 美食の祭典

地区で探す

区で探す