パリ観光ガイドNanaはパリへの旅行・観光の情報満載のあなただけの旅づくりのお手伝いをするサイトです

パリ観光ガイドNana

  • ツイートする
  • シェアする

パリでお菓子の材料(小麦粉、砂糖、ベーキングパウダー)を買う

美食の国、フランス。
なぜこんなに美味しいものが沢山あるのかというと、料理やお菓子のもとになる素材の美味しさにあると思います。

旅行時に食べた、美味しい料理やパンやケーキ・・・。
日本でも同じものが食べたい!!誰しもそういう願望があると思います。

料理の素材のもとになるもので、一番持って帰りやすいものとなると、美味しいケーキやパンの基本材料になる、お砂糖や小麦粉といった粉末状のものが良いと思います。

Farineは日本語で「粉」

小麦粉をスーパーで探したいときは「Farine(ファリーヌ)」と書かれた袋を探してください。
袋は日本に売られているものと同じタイプです。
ファリーヌと書かれた袋を見つけたら、何種類か袋があります。
Farineは日本語で「粉」という意味。

小麦粉には「Farine de ble(ファリーヌ・ド・ブレ)」と書いてあります。
大体のスーパーはFarine de bleしか置いてませんが、大きなスーパーへ行くと、Farine de sarrasin(そば粉)が売っていることもあります。

tous usages(全ての用途に)

Farine de bleが見つかったら、作るものによって薄力粉、中力粉、強力粉など、粉の種類を探したくなると思いますが、フランスでは全ての料理、お菓子はこの一種類の「Farine de ble」で作られます。
いろんな意味で大らかというか、合理的というか。

その証拠に、小麦粉の袋に「tous usages(全ての用途に)」と書かれています。
何種類も買わなくていいので便利ですね。

それでも、小麦粉は何種類か置いてあります。「Farine de ble fluide」というのは「fluide(流れる)」という意味があるので、クレープの生地や天ぷらの生地のような、水っぽい生地を作るための小麦粉。

ケーキのための小麦粉

そのほか、「farine de ble avec poudre levante pour gateaux (ケーキを作るための、ベーキングパウダーの入った小麦粉)」やブリオッシュ、クレープ、パン作りのための粉が売られています。

日本でいうと、ホットケーキミックスのようなものになります。
これらは袋に絵が描いてあるので探しやすいです。

缶入りの小麦粉はお土産にも

基本的には袋に入った、日本で売られているような小麦粉がフランスにも売られています。

日本と違うところは袋のパッキングがかなり甘く、スーパーの棚に売られている段階で既に粉がもれているので、買って持って帰る時、スーツケースに詰める時は気をつけましょう。

袋の他に可愛い缶に入った小麦粉もあるので、この缶タイプがオススメです。

砂糖はSucre(シュクル)、

お砂糖は、パッケージに「Sucre(シュクル)」と書かれています。粉末タイプが欲しいなら「Poudre(プードル)」、角砂糖が欲しいなら「Morceaux(モルソー)」と書いてあるものを探してください。

「alsa」の白い紙パッケージの「Sucre vanilline(バニラシュガー)」は可愛くてコンパクトなので、お土産にも最適。

ベーキングパウダーはLevure(ルビュール)

フランスの食品のパッケージはどれも可愛いのですが、オススメしたいのが、ピンクの紙パッケージに女の子の絵が書かれた「alsa」のベーキングパウダーで「Levure(ルビュール)」と書かれてあります。
使い方は日本と同じ。

日本に帰って、パリのお菓子の味を再現!一味違ったパリのお土産になりそうですね。

[2016/12編集]

「パリ便利帖」関連記事

パリの日本人向けフリーペーパー
買い物フランス語
Soundowalk Paris
パリの蚤の市・骨董市の情報誌

地区で探す

区で探す