パリ観光ガイドNanaはパリへの旅行・観光の情報満載のあなただけの旅づくりのお手伝いをするサイトです

パリ観光ガイドNana

  • ツイートする
  • シェアする

食肉業者のゴミ捨て場だったチュイルリー公園

都会のオアシスチュイルリー公園(Jardin des Tuileries)も、15世紀までは近くに住む食肉業者のゴミ捨て場になっていました。

関連記事

チュイルリー公園(Jardin des Tuileries)

“チュイルリー”とは、”瓦製造所”という意味があり、公園に土は瓦焼きの窯に使われていたそうです。

その後、16世紀の王妃・カトリーヌ・ド・メディシスが私邸を建てようと考え、チュイルリーの土地を購入。

王妃が私邸を完成させずにロワール地方に引きこもってしまった後も宮殿の建設は進み、約100年の歳月をかけて宮殿が完成しました。

カトリーヌ・ド・メディシスの波乱に満ちた生涯は、ルーブル美術館に所蔵されている、ルーベンスが描いた”カトリーヌ・ド・メディシスの生涯”という連作の絵画の中で見られるので、公園に行ったついでにルーブル美術館に立ち寄って、絵を鑑賞してみると面白いと思います。

その後、王宮はヴェルサイユ宮殿に移ったため、チュイルリー宮殿に再び王宮が戻ったのはフランス革命の最中でした。

革命後はナポレオン・ボナパルトが王宮として使っていましたが1871年5月23日、パリ・コミューンの鎮圧の最中に宮殿は焼失。

外壁は残ったため再建可能な状態でしたが、王政、帝政の遺物であるということから撤去が決まり、反対運動の中1883年に解体されました。

今では王宮の庭園部分だけが残り、チュイルリー公園として当時の面影を残しています。

Jardin des Tuileries

 13 Rue de Rivoli – 75001 Paris
 1番線:Tuileries
 7:00~21:00
 http://www.parisinfo.com/

[2017/01編集]

「パリに関するあれこれ」関連記事

ル・メカノ・バー
ルーブル美術館周辺のカフェ
バスティーユ
エッフェル塔付近のカフェ

地区で探す

区で探す